ネクタイとワイシャツの組み合わせ方

ビジネスシーンで男性に欠かせないファッションアイテムのネクタイですが、その歴史は古く、ルイ14世に仕えるためパリへやって来たクロアチアの軽騎兵隊が首に巻いていたスカーフがその起源です。一般的に普及したのは17世紀以後で、色々な変化を遂げながら、19世紀には現在の形状が完成していました。

ネクタイはビジネス時に着用するものですが、色柄、素材と多種多様にあり、新調する時に手持ちのワイシャツに合うかどうか、悩んでしまう事も多いようです。ネクタイを新しく購入する時は、まず長さは結んだ時に、腰のベルトにかかる程度にする、幅はジャケットの下衿と同じくらいの幅に合わせるの2点を押さえておくと良いと言われます。

ネクタイはビジネスマンにとって、毎日身に着ける大切なもので、ビジネスにおいて相手に与える印象でも重要なアイテムですから、素材はしっかりしたものを選びたいものです。


ベーシックなものであれば、よい素材のものを長く使うのが良いでしょう。

ネクタイの情報サイトです。

お店に行って気に入ったものが見つかったら、まずそれを強く握ってみましょう。


上質のものはシワになりにくく、シワの戻りも早いのですぐ分かります。



また、軽く左右に振ってみて、よじれるかどうかを確かめる方法もあります。


上質であれば糸の密度が高く、加工に手間ひまかけているので、ほとんどよじれる事はありません。


一番おすすめの素材はやはりシルクです。購入時は、いつ、どんなシーンで着用するかよく想像してみましょう。

商談や取引先の人と会う時、自分がどんな印象を与えているか、客観視できると良いです。



また色数も大切で、ワイシャツとネクタイは3色以内におさえて全体をまとめると失敗も少なくて済みます。